独自のSSL証明書を使用する | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

独自のSSL証明書を使用する

CDNでは配信用URLが用意されており、HTTPS通信用に共用SSLがご利用いただけますが、独自ドメイン(エッジCNAME)にてhttpsエッジプロトコルをご利用いただく場合、Webブラウザによっては共用SSLの証明書のホスト名と異なるため、警告メッセージが出ます。

独自ドメイン(エッジCNAME)にてhttpsエッジプロトコルをご利用いただく場合は、お客様にてご取得いただいておりますSSL証明書をCDN側にご設定ください。
以下ではお客様にてご取得いただいたSSL証明書をCDN側にご設定いただく方法についてご案内します。

なお、SSL証明書をお持ちでない場合は、Z.com Cloudのコントロールパネルにてご取得いただけますので、ご検討いただけますと幸いです。

 操作手順

[ 1 ] CDNのダッシュボードから「Tools」>「SSL Certificate Submission」を選択します。

image

[ 2 ] 各項目を埋め、「提出」をクリックします。

image

[ 3 ] CDNのSSL証明書のご利用について、弊社営業担当もしくはお客様センターまで下記情報を明記の上、メールにてご連絡ください。
なお、エッジCNAMEが未設定の場合は、CDNリファレンスの「独自ドメインのURLから配信する」をご参考に設定ください。
サブスクリプションID ダッシュボードにログイン後、画面上部にございます Subscription ID」の箇所をご確認ください。
ログインID CDNのダッシュボードにログインする際のメールアドレスになります。
SSL証明書のCommon Name CDNのダッシュボードから提出いただいたSSL証明書のコモンネームになります。
エッジCNAME名 CDNのダッシュボードにてご設定いただいたエッジCNAME名になります。
オリジンディレクトリ名 オリジンサーバーの登録の際に決めていただいた任意のディレクトリ名になります。

お客様からのご依頼を確認致しましたら、該当のSSL証明書をご利用いただくためのCDN用のホスト名を発行の上、弊社より改めてご連絡致します。該当のドメインにご設定いただいているネームサーバーにてSSL用のホスト名を値としたCNAMEレコードをご設定ください。

以上で、申請は完了です。該当のSSL証明書をご利用いただくためのSSL用のホスト名の発行には5営業日ほどお時間がかかります。