ハイブリッド構成

オンプレミスとのシームレスな連携が可能なハイブリッドクラウド(VPN、閉域網)

ハイブリッドクラウドは、プライベートクラウド(自社データセンター、オンプレミスなど)とパブリッククラウド(Z.com Cloud)の両方を利用してシステムを構成する利用形態を指します。両方のクラウドの良い部分を引き出すことができ、自社に最適なシステムを作り上げることができます。システムの目的や扱うデータの性質などによって、どこまでをクラウド化するのか、また技術要件や選択するサービスの内容が異なってまいります。ここでは一般的なVPN(閉域網)接続の構成をご紹介します。

この構成を必要とするケース

自社システムのクラウド化
(コスト削減、開発期間の短縮を目的とした一部導入やSaaSアプリケーションとオンプレミスデータの統合など)

この構成のポイント

実際の利用では、社内の業務システムなどをクラウド上に展開して、自社ネットワークとクラウド間をVPNや閉域網で接続します。こうすることで、クラウド上の業務システムを自社内からシームレスに利用することが可能です。Z.com Cloudはプライベートセグメントを複数利用することができるため、複数のシステムを独立して運用するような大規模なケースにも余裕を持って対応します。
一方で、自社Webサイトを作る場合など、外部に公開するシステムが必要になるケースもよくあります。Z.com Cloudを利用すると、業務システムを置いたセグメントとは別に公開セグメントを用意することができ、そちらでWebサイトを用意できます。業務システムのセグメントとは完全に別になるため、セキュリティも確保できます。

お客様受付窓口

ご質問・ご相談・見積もり依頼・資料請求はこちらから承ります。

電話でのお問い合わせ

0120-50-6065
電話受付 平日 10:00 - 19:00

Webからのお問い合わせ/サポートコンテンツ