高度な負荷分散、強力なSSL
オフロード機能を備えた仮想
ADC / L7ロードバランサー

Z.com Cloud ivanti

Ivanti Virtual Traffic Manager(vTM)とは

Ivanti Virtual Traffic Manager(vTM)は豊富な機能を備えた仮想アプリケーション・デリバリ・コントローラー(ADC)/ L7ロードバランサーです。サーバー上に構築するソフトウェア型のサービスです。
ポート番号やIPアドレスをベースにトラフィックを振り分ける従来型のL4負荷分散のみならず、
URLやHTTPヘッダーなどのアプリケーション情報をベースに振り分ける高度なL7負荷分散が可能です。
また、高速なSSLアクセラレータ機能を標準搭載しており、ネットワークの高速化、可用性を実現します。

vTMの主な機能

多彩な負荷分散アルゴリズム

ラウンドロビン、重み付けラウンドロビン、リーストコネクション(最小接続)、ファステストレスポンスタイム(最速応答)等のアルゴリズムにて負荷分散処理が可能です。また、IPベース、Cookieベースほか、URLベースも対応、PCのみならず携帯電話のセッション維持にも対応しています。

負荷分散アルゴリズム ラウンドロビン リクエストを順番に振り分ける
重み付きラウンドロビン 事前に設定した重みつけ(リクエストの分散比率)に応じてリクエストを振り分ける
最小接続 コネクション数が少ないサーバを優先し、リクエストを振り分ける
最速応答 レスポンスタイムが短いサーバを優先し、リクエストを振り分ける
最適予測 レスポンスタイム等の情報を基に最適なサーバを計算し、リクエストを振り分ける
セッション維持 IPベース 送信元IPアドレスを基にセッションを維持
SSLセッションIDベース SSLセッションIDを基にセッションを維持(SSL pass through時のみ)
Cookieベース リクエスト中のCookieを基にセッションを維持
URLベース(ID埋め込み) URL中のIDを基にセッションを維持

SSLアクセラレーター

SSL通信を高速化する「SSLアクセラレーター」を標準で搭載。WEBサーバー側で行う暗号化処理をvTMが肩代わりすることで、負荷を軽減し、より高速なSSL通信を実現します。

SSLアクセラレーターのイメージ図

ECサイトなど、多くのユーザーからアクセスが集中する環境ではWEBサーバーの暗号化処理(SSL通信)に大きな負担がかかり、処理能力の低下を招きます。vTMの「SSLアクセラレーター」機能はそのような環境下で、暗号化処理を肩代わりすることで、WEBサーバのCPU負荷を軽減し、パフォーマンスを最大化します。

柔軟な運用管理

Virtual Traffic Manager(vTM)はヘルスモニタリング機能やSOAP APIによる外部ソリューションとの高い親和性、GUIベースの使いやすいUIなどを備えており、柔軟性の高い運用管理を実現します。

モニタリング
  • ヘルスモニタリング
  • サービスレベル(L7)モニタリング
各種APIサポート
  • SOAPAPI
  • REST API
  • SNMP
使いやすさ
  • GUIベースのUI
  • マルチサイト管理
  • 設定の一元管理
  • レポート/通知機能

vTMのライセンス形態と料金

vTMは最大スループットに応じた料金体系となっており、100Mbps、300Mbps、1Gbpsからお選びいただけます。

帯域 月額料金
100Mbps 84,700円
300Mbps 105,000円
1Gbps 163,900円
  • 別途仮想サーバー+ブロックストレージが必要です。料金表はこちら
  • シングル構成での料金となります。冗長化構成も可能です。
  • 仮想サーバーの推奨最小メモリは2GBとなります。また、最大で32GBまで割り当てることが可能です。

トラフィックに応じた柔軟なライセンス切り替え

サーバーを無停止のまま、ライセンスキーを切り替えるだけで帯域の拡張や縮小が可能です。急激なトラフィックの増加や減少にも柔軟に対応し、運用コストを最適化します。

冗長構成が可能

クラスタ間で設定を共有し、障害時は正常稼働中のサーバへ仮想IPアドレスを移動することで、障害リスクの低減、安定したサービス稼働を実現します。

システム要件

メモリ 2GB以上
ブートストレージ容量 40GB以上の空きディスクスペース
お客様受付窓口
ご質問・ご相談・見積もり依頼・資料請求はこちらから承ります。

Internet for everyone

Copyright (c) 2022 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.