Z.com Cloud ブロックチェーン | ブロックチェーン技術を簡易的に利用できるPaaSサービス | 人と企業と社会を繋ぐクラウドプラットフォーム-Z.com Cloud

Z.com Cloud ブロックチェーンとは

Z.com Cloud ブロックチェーンは、ブロックチェーン技術にイーサリアム(※)を採用しています。しかし、イーサリアムの利用には「記録データが全てオープンになる」「利用ユーザーは仮想通貨(イーサ)による手数料が必要」など、様々な障壁があります。Z.com Cloud ブロックチェーンでは、これらの障壁を取り除き、簡易的に イーサリアム上に分散型のアプリケーション(DApp)を構築できるPaaS型サービスです。

イーサリアム(Ethereum)とは、ビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨「イーサ(Ether)」での取引を行える、ブロックチェーンプラットフォーム。ビットコインと異なり、スマートコントラクト(契約)の実現やDAppの構築ができるといった特徴を持つ。

お申し込みはこちら

ブロックチェーンについて

ブロックチェーン技術は、これまで中央集権的に構築されてきていたトランザクション管理を複数のノードと呼ばれるコンピューター間でデータを相互に監視することにより「落ちない」「消えない」「改ざんされない」をより確実に低コストに実現できる次世代テクノロジーです。
事実、BitCoin では2009年より9年間、無停止で取引を改ざんされることなく記録し続けています。

ブロックチェーンの構造

取引の記録を「ブロック」に格納。個々のブロックには取引記録に加えて、1つ前に生成されたブロックのハッシュ値を含む。
生成されたブロックが時系列に繋がっているため、改ざんを試みた場合、連続性が失われて不正が判明する。

特長

  • 01 ブロックチェーン技術に
    イーサリアムを利用

    イーサリアムを利用することで、ブロックチェーン上にDApp(分散型アプリケーション)を構築・運用することができます。これにより、スマートコントラクトと呼ばれるビジネスロジックのプログラムを組み合わせることで、取引中間管理者の介在を不要にし、ブロックチェーン上のみでビジネスフローを公正に回す仕組を構築できます。

    ethereum

  • 02 アクセスコントロールされた
    データストア

    ブロックチェーンは、P2P方式という特性上、透明性が高く改ざんによる不正を防げる一方、記録データが全てオープンになるという課題がありました。Z.com Cloud ブロックチェーンでは、ブロックチェーンと並列して機密情報を保管するデータストアを設置し、データストア内に保存したデータのアクセスコントロールを実現しています。(特許出願中)。

    特許出願中!

  • 03 GASの代払い機能を導入

    イーサリアムを利用する場合、使用者はGasと呼ばれるプログラムの実行に対してイーサとよばれる仮想通貨で手数料を支払う必要があります。Z.com Cloud ブロックチェーンでは、この手数料をサービスオーナーが代払いする仕組みを導入しており、使用者は仮想通貨を意識することなくご利用いただくことができます。

    利用者→サービスオーナー→Ethereum

  • 04 APIでラッピングされた基盤

    Z.com Cloud上にブロックチェーンを搭載した基盤をAPIでラッピングし、複雑なブロックチェーン技術を独自のAPIで簡易的にコントロールできるようにしています。サービスアプリケーションを構築しやすい環境(基盤)をご提供します。

  • 05 ストレージの冗長化

    プライベート・ブロックチェーンは特定の組織や団体が運用するインフラ環境で稼動させることが多く、世界中の参加者で分散してデータを補完しあうオープン・ブロックチェーンに比べると可用性が限定的でした。そこで複数のインフラ環境でのストレージ冗長化を追加実装しました。これにより、オープン・ブロックチェーンに近い、高い耐障害性を実現しました。

サービス概念図

Z.com Cloudブロックチェーンのサービス

Z.com Cloudブロックチェーンの可能性

様々なシーンで活用が期待されているブロックチェーン技術ですが、Z.com Cloudブロックチェーンが採用するイーサリアムの特性は、金融業界にとどまらず、物流やIoT、公文書の保管などでに応用できる可能性を秘めています。

サービス利用シーンの一例

  • 地域通貨や電子クーポンなどの仮想通貨の構築、その取引に基づく再配分のコントラクト実行
  • 閲覧権限のコントロールが必要な機密書類の管理
  • IoTデバイスなど様々な機器へのプログラム配布
  • 本ペーパーレスによるチケット販売サービスの効率化、偽造や転売の防止

ユースケース1:キーレス宅配ボックス(実証実験中)

宅配ボックスと組み合わせることにより「誰が入れた荷物を誰が受け取ったか」という情報が確実なものとなり、コストがかかっていた書留郵便のような本人認証を代替するサービスになることも期待できます。

ユースケース2:機密文書の閲覧管理

ブロックチェーンが担保する情報の確実性とZ.com Cloudブロックチェーンの特長であるアクセスコントロールされたデータストア機能は、機密文書などの閲覧・管理に最適です。

Z.com Cloud ブロックチェーンのオープンソースプロダクト

Z.com Cloud ブロックチェーンを使ったプロダクト例を公開しています。各種プロダクトをすぐに利用できる形態で、改編可能で商用利用可能なライセンスを無料で提供します。自由にダウンロードしていただき、サービス形態に合わせてカスタマイズしてご利用ください。

ご利用料金について

Z.com Cloud ブロックチェーンは、データ保存量、データ転送量、トランザクション手数料、ETH購入量に対して従量課金を設けております。

初期費用 無料
月額基本料金 無料
データ転送量 13円/GB
データ保存量
(1ヶ月あたりのデータ保存量)
30円/GB
トランザクション手数料 ※1 0.00003円/GAS
ETH購入量 ※2 3円 / finney
  • 表記価格は税抜きです。
  • ※1

    トランザクション手数料は、Z.com Cloud ブロックチェーンのAPIを経由してトランザクションを実行する際に発生するGasに対しての料金となります。
    なお、Gasとはブロックにデータを書き込むトランザクションを実行する際に支払う必要がある手数料のことです。
    パブリックブロックチェーンでは、1Gasあたりの値段はトランザクションの混雑状況に応じて増減をしますが、Z.com Cloud ブロックチェーンではレートを固定しております。
    トランザクション手数料(Gas)の目安は、記録されるデータ量やロジックの複雑さによって異なりますが「ユースケース1:キーレス宅配ボックス」の仕組みでは1回のボックス開閉に100,000~250,000Gas(0.001~0.0025ETH = 約3~7.5円)程度がかかります。
    「オープンソースプロダクト:転売抑止チケット」の仕組みでは、1回のチケットの書き込みに100,000~250,000Gas(0.001~0.0025ETH = 約3~7.5円)程度がかかります。

  • ※2

    ETH購入量は、ブロックチェーンのコントロールパネルから購入したETHに対しての料金になります。
    なお、finneyはETHの単位の一つで、1ether=1,000finneyになります。
    ETHはアカウント毎に購入でき、購入した分だけ課金されます。
    購入したETHは、作成したスマートコントラクトをZ.com Cloud ブロックチェーンの環境にデプロイする時などに必要となります。

Z.com Cloud ブロックチェーンを
ご利用いただくためのドキュメントはこちらから

Z.com Cloud ブロックチェーンに関する
お申し込みはこちらから

お客様受付窓口

ご質問・ご相談・見積もり依頼・資料請求はこちらから承ります。

電話でのお問い合わせ

0120-50-6065
電話受付 平日 -

Webからのお問い合わせ/サポートコンテンツ