ボリュームIOPS変更 | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

ボリュームIOPS変更

Description

ボリュームのIOPSを変更します。
・追加ストレージのボリュームのみ変更することができます。
・ボリュームはサーバーからデタッチされている必要があります。
・「volume-type」名が「sd1-iops-500」のボリュームは、変更することができません。
・IOPS変更後、ボリュームをアタッチする際の仮想サーバーの起動状態は、起動/停止に関わらずアタッチが可能です。

Request URL

Block Storage API v2

POST /v2/{tenant_id}/volumes/{volume_id}/action

Request Json

{
    "os-retype": {
        "new_type": "sd1-iops-5k"
    }
}

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token Userトークン header トークン発行 にて払い出されたID
tenant_id テナントID URI API情報を確認する にてご確認ください。
volume_id ボリュームID URI ボリューム詳細一覧取得にてご確認ください。
new_type ボリュームタイプ名 plain 変更後のボリュームタイプ名。ボリュームタイプ一覧取得にてご確認ください。

Response

  • Normal response codes
202

Example

  • Request
curl -i -X POST \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-d '{"os-retype": {"new_type": "ボリュームタイプ名"}}' \
https://block-storage.jpt1.cloud.z.com/v2/テナントID/volumes/ボリュームID/action
  • Response
HTTP/1.1 202 Accepted
Date: Thu, 30 May 2019 06:53:54 GMT
Server: Apache/2.4.6 (CentOS) PHP/5.6.40
X-Powered-By: PHP/5.6.40
Content-Length: 0
Content-Type: application/json