CSRの作成方法 | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

CSRの作成方法

以下環境において、SSL証明書の発行時に必要となりますCSRの作成例をご案内します。
なお、以下の手順については動作検証を行っておりますが、作成方法の一例であり、動作を保証するものではございません。
また、各アプリケーションはオープンソースとなり、弊社サポートの対象外となりますため、詳細は専門の書籍などをご確認ください。

作成例の環境 Apache 2系
mod_ssl
open_ssl

 作成例

[ 1 ] Apacheのconfディレクトリに移動の上、新しくディレクトリを作成し、作成したディレクトリに移動します。
# cd /etc/httpd/conf/
# mkdir /etc/httpd/conf/2016
# cd /etc/httpd/conf/2016/
[ 2 ] 秘密鍵を生成します。
# openssl genrsa -des3 2048 > コモンネーム.key

Generating RSA private key, 2048 bit long modulus
......+++
...........+++
e is 65537 (0x10001)
Enter pass phrase:	        ※パスフレーズを求められるため、任意のパスワードをご入力ください。
Verifying - Enter pass phrase:	※パスワードは二回聞かれるので、同じものをご入力ください。
[ 3 ] 生成された秘密鍵のパスフレーズを解除します。
# openssl rsa -in コモンネーム.key -out コモンネーム.key

Enter pass phrase for コモンネーム.key:
writing RSA key
[ 4 ] CSRを作成します。
項目 入力内容 入力例
Country Name 国名 JP
State or Province Name 都道府県名 Tokyo
Locality Name 市町村名 Sakuragaoka-cho Shibuya-ku
Organization Name 組織名 GMO Internet Inc.
Organizational Unit Name 部署名 Service Divition
Common Name コモンネーム cloud.z.com
*.z.com
Email Address 連絡先メールアドレス biz.cloud.jp@z.com
# openssl req -new -key コモンネーム.key -out コモンネーム.csr

You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter '.', the field will be left blank.
-----
Country Name (2 letter code) [XX]:国名
State or Province Name (full name) []:都道府県名
Locality Name (eg, city) [Default City]:市町村名
Organization Name (eg, company) [Default Company Ltd]:組織名
Organizational Unit Name (eg, section) []:部署名
Common Name (eg, your name or your server's hostname) []:コモンネーム
Email Address []:連絡先メールアドレス

Please enter the following 'extra' attributes
to be sent with your certificate request
A challenge password []:    ※未入力
An optional company name []:  ※未入力
[ 5 ] 秘密鍵をApachのconfディレクトリにコピーします。
# cp -p /etc/httpd/conf/2016/コモンネーム.key /etc/httpd/conf/
[ 6 ] 生成されたCSRの情報を確認します。
# cat /etc/httpd/conf/2016/コモンネーム.csr

-----BEGIN CERTIFICATE REQUEST-----
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
-----END CERTIFICATE REQUEST-----


本リファレンスはZ.com Cloudにてサーバーをご利用いただく場合の一例であり、お客様の運用やポリシーによってその限りではございません。
お客様のご利用用途に応じて必要な設定や操作をおこなってください。