バランシング設定をする | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

バランシング設定をする

DSRロードバランサーはVIP(グローバルIPアドレス)にアクセスがあった場合、バランシング先の対象として設定されているサーバーにリクエストを振り分けます。
以下ではZ.com Cloud のコントロールパネルからのバランシング対象の設定方法 ならびに サーバー側の設定をご案内します。

 コントロールパネルの操作手順

[ 1 ] 左メニューより [ネットワーク] をクリックします。

image

[ 2 ] ロードバランサーからロードバランサー設定内に表示されているVIP(グローバルIPアドレス)をクリックします。

image

[ 3 ] 「バランシング元ポート」から利用するポートを選択の上、[設定] アイコンをクリックします。

image

[ 4 ] 各項目をご選択の上、[+] をクリックします。
バランシング方法 ロードバランサーの分散方式を指定します。
ヘルスモニタ バランシング先のサーバーに対してのヘルスチェック(死活監視)のルールを指定します。

image

[ 5 ] 「バランシング先IPアドレス」にて対象サーバーを選択の上、[保存] ボタンをクリックします。

image

以上でコントロールパネルからの設定は完了です。
サーバー側でiptablesやセキュリティグループ等でホスト制限をされていたり、サービスが起動しておらずポート待ち受けがされていない場合、バランシングの通信ができない事がございますので、あらかじめご確認ください。

なお、コントロールパネルに表示されていないポートのバランシング設定につきましては、APIにて設定いただくことができます。

 サーバー側の設定手順

DSRロードバランサーのパケット転送方法はDSR方式のため、サーバーからクライアントへ直接パケットを転送する必要があり、DSRロードバランサーのVIP(グローバルIPアドレス)へのリクエストが処理できるようサーバー側でネットワークの設定を変更する必要があります。
以下ではCentOS6系にてループバックインターフェイスを追加する方法とiptablesの設定を行う方法の2種類の設定方法をご案内します。

・ループバックインターフェイスを設定する方法

[ 1 ] ループバックインターフェイスの設定ファイルを追加します。
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo:0

DEVICE=lo:0
IPADDR=DSRロードバランサーのVIP
NETMASK=255.255.255.255
ONBOOT=yes
[ 2 ] ネットワークのリスタートをします。
# service network restart
・iptablesで設定する方法
[ 1 ] iptablesに設定を追加します。
# vi /etc/sysconfig/iptables

*nat
:PREROUTING ACCEPT [0:0]
:POSTROUTING ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A PREROUTING -d ロードバランサーのVIP/32 -j REDIRECT
COMMIT
[ 2 ] iptablesのリスタートをします。
# service iptables restart


本リファレンスはZ.com Cloudにてサーバーをご利用いただく場合の一例であり、お客様の運用やポリシーによってその限りではございません。
お客様のご利用用途に応じて必要な設定をおこなってください。