新しいセキュリティグループを作る | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

新しいセキュリティグループを作る

Z.com Cloud のコントロールパネルから任意のルールを設定したセキュリティグループの作成方法をご案内します。

 コントロールパネルの操作手順

[ 1 ] 左メニューより [セキュリティグループ] を選択します。

image

[ 2 ] 「セキュリティグループリスト」にて [+ セキュリティグループ] をクリックします。

image

[ 3 ] 追加するセキュリティグループの名前や説明を入力 および ルールを指定の上、ページ最下部にございます [追加] ボタンをクリックすることで、セキュリティグループが追加されます。
任意のルールを追加したい場合は、 [+] アイコンをクリックすることで追加できます。
プルダウンメニューには用途に応じた汎用性の高いルールのテンプレートをご用意しておりますので、選択することで該当のテンプレートに応じたルールを追加することができます。
セキュリティグループ名 追加するセキュリティグループの名前を指定します。既存のセキュリ
ティグループ名と同じ名前は指定できません。
説明(任意) 追加するセキュリティグループの用途などをメモとして残したい場合
はご活用ください。
My IPコピー コントロールパネルにアクセスしている現在のIPアドレスをコピーし
ます。ルールを設定する際に許可IPとしてIP制限を入れたい場合等に
ご活用ください。
テンプレート SSH 22番ポートのインバウンド通信を許可するルールになります。
FTP 20番、21番ポートのインバウンド通信を許可するルールになります。
WEB 80番、443番ポートのインバウンド通信を許可するルールになります。
MYSQL 3306番ポートのインバウンド通信を許可するルールになります。
POSTGRESQL 5432番ポートのインバウンド通信を許可するルールになります。
MAIL 25番、110番、143番、465番、587番、993番、995番ポートのイン
バウンド通信を許可するルールになります。
RDP 3389番ポートのインバウンド通信を許可するルールになります。
ルール 通信方向 IN(受信)、OUT(送信)のどちらの通信に対して指定したルールを適用するか選択します。
イーサタイプ IPv4固定になります。
プロトコル 「ALL」、「TCP」、「UDP」、「ICMP」から選択します。
「ALL」を選択した場合、全てのプロトコルが対象になります。
ポート範囲 プロトコルに「TCP」もしくは「UDP」を選択した場合、指定できます。任意のポート番号 もしくは 範囲指定(例 0-65535)が可能です。
IP/CIDR(任意) ルールを適用する接続元IPを指定できます。指定がない場合はすべての接続元に対して適用されます。

image

以上で、セキュリティグループの追加の操作は完了です。