レコード更新 | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

レコード更新

Description

レコード情報を更新します。

Request URL

Designate API v1.0

PUT /v1/domains/{domain_id}/records/{record_id}

Request Json

{
  "name": "ホスト名.",
  "type": "レコードタイプ",
  "data": "レコード値"
}

Request Parameters

Parameter Value Style Description
X-Auth-Token Userトークン header トークン発行 にて払い出されたID
domain_id ドメインID URI ドメイン一覧表示にてご確認ください。
record_id レコードID URI レコード一覧取得にてご確認ください。
name ホスト名 plain ホスト名はFQDNで指定し
てください。
例:[www.example.com]
のレコードを更新する場合
["name": "www.example.
com."]
type(Optional) レコードタイプ plain 以下のいずれかを設定します。
[A/AAAA/MX/CNAME/
TXT/SRV/NS/PTR]
data レコード値 plain 作成するレコードの値。
例:Aレコードの場合はIPアドレスが該当します。
priority(Optional) 優先度 plain 以下の範囲にて優先度を設定できます。
[0~65535] MX/SRVレコードでのみ設定が可能です。
ttl(Optional) TTL(秒) plain 以下の範囲にてTTL値を設定できます。
[60~2147483647]
description(Optional) レコードの説明・概要 plain レコードについて任意の説明・概要を指定します。
gslb_region(Optional) GSLBリージョンコード plain GSLBレコードの場合gslb_region、weight、checkいずれかを入力します。
[JP/US/SG/AUTO(自動割当)]     ※gslb_regionについては、現在JPのみ指定可能です。
gslb_weight(Optional) GSLB優先度 plain GSLBレコードの場合gslb_region、weight、checkいずれかを入力します。
[0~255]
gslb_check(Optional) GSLBヘルスチェックポート plain GSLBレコードの場合gslb_region、weight、checkいずれかを入力します。
[0:OFF/PortNo.]

Response

  • Normal response codes
200

Example

  • Request
curl -i -X PUT \
-H "Accept: application/json" \
-H "Content-Type: application/json" \
-H "X-Auth-Token: トークンID" \
-d'{
  "type": "レコードタイプ",
  "data": "レコード値"
}' \
https://dns-service.jpt1.cloud.z.com/v1/domains/ドメインID/records/レコードID
  • Response
HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
Content-Length: 401
X-Openstack-Request-Id: req-a38774db-4dd6-460b-9a90-35bd7f57ef9c
Date: Tue, 17 Mar 2020 01:51:10 GMT

{
  "created_at": "2020-03-17T01:44:19.000000",
  "data": "レコード値.",
  "description": 備考,
  "domain_id": "ドメインID",
  "gslb_check": GSLBヘルスチェックポート,
  "gslb_region": GSLBリージョンコード,
  "gslb_weight": GSLB優先度,
  "id": "レコードID",
  "name": "ホスト名.",
  "priority": 優先度,
  "ttl": TTL,
  "type": "レコードタイプ",
  "updated_at": "2020-03-17T01:50:56.000000"
}