ヘルスモニターのルールを作成する | Z.com Cloud パブリッククラウド リファレンス

ヘルスモニターのルールを作成する

ヘルスモニターのルールとは、バランシング設定済みのサーバーのポートに対して行うヘルスチェック(死活監視)のルールになります。NATロードバランサーは、ヘルスモニターのルールにてご指定いただいたお時間でレスポンスがない場合、バランシング対象から自動的に外します。

バランシング対象から外れた後もヘルスチェック(死活監視)は実施され、ポートの待ち受けが復帰した場合は、バランシングが再開される仕組みとなります。

以下ではZ.com Cloud のコントロールパネルからヘルスモニタのルールの作成方法をご案内します。

 コントロールパネルの操作手順

[ 1 ] 左メニューより [ネットワーク] をクリックします。

image

[ 2 ] ロードバランサーから [ヘルスモニタールール] を選択の上、[設定] アイコンをクリックします。

image

[ 3 ] [+] をクリックします。

image

[ 4 ] 各項目に任意のものをご選択 もしくは ご入力の上、[保存] をクリックします。

image